株の分散投資

株の分散投資とは何を意味しているのかというと、インターネットでの株の投資というのは、一般の株の投資と同じですが、リスクがありますので注意しなければいけません。もしも投資していた会社が倒産ということになれば、持っている株の価値は紙切れ同然、何の価値もなくなってしまうのです。ですから自分の大切な資金をしっかりと運用するために、リスク管理の一環として、分散投資をするようにしましょう。株の分散投資というのは色々な意味で利用することができます。まずは株の銘柄の分散についてです。分散投資で一番簡単な方法がこの銘柄の分散です。銘柄を分けるということは、自分の持っている資産を色々な会社に分けて投資することになりますから、どれか一つが倒産してしまったとしても、分散して分けていることで他の会社は残っているので、倒産した会社一つに絞って投資をしている時よりも、リスクが減ります。分散投資で銘柄を分けるということは、リスクを抑えることにもつながりますし、リターンもその分小さくなることも意味しています。そして次の株の分散は、業種や市場を分けることになります。銘柄を分ける場合には、同じジャンルや業種の銘柄を選ばないようにしましょう。なぜなら、例えばすべて車業界の株を選んでいた場合に、車業界がかなり経営不振になって厳しい状態になった場合に、同じジャンル、業種の株の銘柄ですから、いくら分散していてもすべてが業績不振ということになるわけです。ですから、別の業種を選んでおいて、値の動きを違う方向へ持っていった方が分散投資をしている意味が出てくるのです。そして最後に、株の時期を分散させるという方法があります。同じ銘柄であっても、一度にすべての株を購入しないで、時期を変えて何回かに分けて購入するというのも、実は分散投資の方法の一つで、リスクを軽減させることにもなるのです。投資をする際に時間的にわけて分散投資をするというスタイルです。株を買ったときに、結果的には高い時期に購入してしまって損をしたという、タイミングの読み間違いは誰にでもあると思います。ですから、タイミングの読み間違いがないようにするためにも、同じ株出会っても、すべて一度に購入しないで、数回に分けて買えば、値段が下がったときに買うこともできますから、結果的には投資の額が均等になる、押さえられることにつながります。株の投資ではこのように、色々な面からの分散投資がとても大切です。

株の口座の開き方

株の口座の開き方は、初心者にとっては少し難しく感じることもあるかもしれませんが、証券会社の口座を開くことができなければ、株取引をすることができません。株取引をしたいと思ったらやはり、証券会社の口座を開くことは必須です。どうやって株の口座を開くのか、ここでは紹介していきたいと思います。証券会社の口座を開きたいと思ったときに、直接証券会社に行って口座を開きたいという旨を伝えることで、口座は開設できます。しかし今の時代に実際に証券会社へ足を運んで口座を開いているという人はほとんどいないと思います。今はインターネットの時代ですから、インターネットを使って口座を開く人の方が多いのです。株の口座をインターネットで開くという場合にはどうすればいいのか、まずは開きたいと思った証券会社のホームページを見てみましょう。そして、ホームページ上で口座開設ができるページがありますので、そちらから申し込んでみるといいでしょう。インターネット上で口座開設手続きをしても結局は郵送での最終確認などが必要ですが、とりあえず口座開設手続きとして、資料請求や申し込み手続きをすることが可能です。口座を開設するボタンや資料請求のボタンが用意されていると思いますので、そちらから資料請求をしてみてください。クリックすれば、必要事項を入力するページが開くと思いますから、必要事項を入力して申し込むことで、完了します。パンフレットや口座開設の書類などが郵送で送られてきますから、それを見て、本当に口座を開設したいと思った人は、書類を送り返せばいのです。書類には、必要事項を書くことになりますが、それだけで完了です。後日口座開設手続き完了のお知らせなどが届くと思いますので、これで株の取り引きに必要な証券会社の口座開設手続きが完了です。もしも、証券会社に資料請求をしてパンフレットを見て、もしも気が変ってやりたくないと思ったら、そのまま放置しておいても大丈夫です。ですから口座を開設したいと思ったら、いくつかの会社に資料請求をして、パンフレットを取り寄せてみるというのがいいかもしれませんね。インターネットから申し込んで、そして、資料が送られてくるまでに、だいたい時間的には3日から1週間程度は時間がかかりますから、この口座が開設手続きが完了すれば、いよいよ株取引を開始する準備が整ったということになりますので、銘柄選びなどの具体的なことを感がることができるのです。

株の信用取引

株の信用取引は、一定の担保の資金を証券会社に預けた上で、株券の資金を証券会社から借りて売買する取引です。この担保に入れる一定の資金のことは、委託保証金と呼んでいます。委託保証金を預けるということは、自分が持っている株に使える資金以上に大きな額の取引をすることができることを意味しています。ですから、資金があまりない人でも、大きな投資をすることができるので、fxなどでおなじみの、てこの原理の取引、つまりレバレッジというような言い方もされているのです。株の信用取引というのは、新規の売買では、玉を建てるという表現をしていますが、建玉は、株用語の中でも特に信用取引をするという場合に出てくる言葉ですから、しっかりと覚えておく必要があります。株の信用取引は、自分の資金以上の取引をしますから、初心者にとっては大変リスクも大きいですし、危険な取引といってもいいでしょう。ですから、株初心者は、信用取引はしない方がいいです。信用取引をしないと思っている場合でも、株のバランスをチェックしたり、どうなっているのか確認する上で、信用取引についての仕組みくらいは、理解しておきましょう。株の信用取引のメリットとはなんでしょうか。自分が持っているお金よりも大きな取引をすることができますから、チャンスをしっかりと使えば、ハイリターンも可能です。例にして考えてみると、自己資金が30万円しかなかった場合に株が34万円になりました。現物取引で考えてみれば、4万円利益が出たと単純に考えることができます。しかしこれが株の信用取引だった場合には、実は12万円も利益が出るのです。この12万円、現物取引に比べると利益が3倍になっています。この3倍という数字は、証券会社が決めている保証金率と呼ばれるものです。保証金率は証券会社ごとに違っているのですが、だいたい31パーセントから、33パーセント前後なので、単純に3倍ということになるのです。他にも、株の信用取引では、売り注文のポジションからも入ることができるメリットがあります。最終的に買いの注文で売買決済が行われる取引になります。他にも塩漬け株と呼ばれる・眠っている資産を活用することもできるのが信用取引です。株の信用取引は初心者にとっては少しリスクが大きな取引ということになるかもしれませんが、それでも、慣れてくれば、レバレッジを利用した株の信用取引にもチャレンジしていってみるといいかもしれませんね。